平泉と世界遺産を知りたいなら

スポンサード・リンク

世界遺産の平泉におでんせ!

世界遺産へ平泉が登録になる。
5月に初めて新聞で見たとき
とても嬉しかったです。

 

前回、平泉が世界遺産登録に失敗してしまい、
もう難しいかも知れないと言われていたので、
とても感激しました。

 

平泉が世界遺産から除外された時は、何となく、岩手の文化や歴史が否定された感じがしてショックでした。その分今回は嬉しさも二倍です。

 

また、今回の平泉の世界遺産登録が、先の東日本大震災からの復興の
後押しになるのではないかと期待しています。
大震災では、岩手も沿岸を中心に、大きな被害を受けました。

 

今回の世界遺産に平泉が登録された事は、
「一度は辛い目にあったけど、頑張れば絶対大丈夫」
と言う嬉しい励ましのメッセージに私は感じます。
平泉の世界遺産登録で、岩手はもっともっと元気になります。

 

6・26、この日を忘れない

6月26日(日)早朝。
テレビのスーパーに「世界遺産に平泉正式登録決定」との速報が流れました。
嬉しい。本当に嬉しかったです。私はこの時を忘れません。
日本の平泉から世界の平泉へ成長した瞬間です。
そして、岩手全体が、元気を取り戻して行けると思います。


おでんせ

サイトの名称の一部に使わせて頂いている
「おでんせ」は岩手の方言です。
(特に県南で多く使われています)

 

おでんせは、来て下さいとか、
いらっしゃいと言った意味を持ちます。

 

平泉の世界遺産登録をきっかけに、更に
多くの方々を、みちのくの古都と言われる平泉に
お誘いしたいと思い、おでんせにしました。

 

世界遺産の平泉におでんせのサイト内では、私の個人的な感想や画像(下手な写真ですいません。(^_^;)
などで、実際の平泉を感じて頂きたいと思っています。

 

サイトを見てくださった皆さん。
今度は是非実際に、世界遺産の平泉へお・で・ん・せ!


当サイト「世界遺産の平泉へおでんせ」について

本日は数あるサイトの中から、
「世界遺産の平泉へおでんせ」に
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 

管理人のオッジーと申します。
私が個人的に、平泉に興味を持ったのは
15年位前になります。

 

勿論、中尊寺などの観光スポットには、
何度も言った事はありましたが、
あくまで観光や初詣等で行ったに過ぎず、
それ程、平泉の文化に、興味を持っていた訳ではありませんでした。

 

それが、岩手出身の直木賞作家である、高橋克彦さんの書かれた
「火怨」と言う小説に、めぐり合った事がキッカケとなり、その後の
「炎立つ」と言う小説で、平泉の文化や奥州藤原氏に興味をもつようになりました。

 

今回、平泉が世界遺産に登録された事で
(正式にはイコモスの勧告ですが、事実上登録された事と同じだと言っても良いでしょう)
今迄、興味はあったけど、行けていなかった場所(遺跡など)に、実際に行ってみて
感じてみようと思いました。

 

そして、実際に行ってみて、感じた事や写真を中心に、世界遺産の町平泉を、ご紹介する
サイトを作成しようと思い、作ったサイトが「世界遺産の平泉へおでんせ」です。

 

まだ、平泉にいったことがないと言う方や、世界遺産で平泉に興味を持ったという方、
奥州藤原氏の歴史を、知りたいと言った様な方々に向けて、平泉や世界遺産
及び、奥州藤原三代の事などを、解りやすくご紹介しています。

 

また、実際に平泉に来ていただいた時に、平泉の旅がもっと楽しくなるように、
周辺のオススメスポット情報もご紹介しています。

 

サイト中でご紹介している写真やコメント等は、あくまで私のオリジナルですので、
多少見にくい点もあるかも知れませんが、ご容赦頂きたいと思います。

 

「世界遺産の平泉へおでんせ」を御覧頂いて、平泉の文化や観光、
奥州藤原氏の歴史等に、ご興味を持っていただき、平泉や周辺の
観光地を、訪れて頂けたら嬉しいです。
どうぞ、世界遺産の平泉にあそびさおでんせ!


スポンサード・リンク