きよひら君上演隊

スポンサード・リンク

きよひら君上演隊

きよひら君上演隊は、行政(岩手県)が主催している子供向けの紙芝居です。
内容は、きよひら君と言う名称からも想像出来る通り、
奥州藤原氏初代の清衡公をモデルに作っています。

二度の大きな戦いを経て、平泉を文化的で平和な都市にしようとした
清衡公の思いを、他人や自然と仲良くすることの大切さで表現しています。

 

きよひら君上演隊の目的は、平泉の文化遺産の価値を理解してもらうために
裾野から運動を、広げて行こうとするためです。

その為に、幼児向けの紙芝居(上映時間は10分程度)を行っています。

 

また、英語版もあるので、留学生や外国の方に上映する事もできるそうです。

 

個人的にはとても、素晴らしい取り組みだと思います。
今後は、中国や韓国を初めとして、数多い外国の方にも、手軽に見て
もらえる様にすれば、もっと良いと思います。

 

平泉の浄土思想は、それだけの価値のある思想だと思いますが、中々
理解してもらいにくい面も持つと言われるので、このような紙芝居と言う
日本の文化的手法で、広く外国人の方にも理解してもらえたらと思います。

スポンサード・リンク