ミュージカル平泉

スポンサード・リンク

ミュージカル平泉

ミュージカル平泉は、世界遺産の平泉登録を
バックアップしているミュージカル団体です。

 

「夕焼けの向こうに」と言うミュージカルを
数年前から岩手県内を中心に行っています。

夕焼けの向こうに


夕焼けの向こうには、奥州藤原氏の歴史を元に、描いたミュージカルです。
奥州藤原氏初代の清衡の父や叔父(安倍一族)が、戦った
前九年の乱から物語は始まり、後三年の役を経て、平泉を繁栄させ、
約100年間にわたり、栄華を極めた時代を描いています。

 

そして、歴史と同じように、四代の泰衡が頼朝に滅ぼされます。
ここまでは歴史と同じですが、最後(フィナーレ)は、清衡の唱えた
浄土世界は、八百年の時空を越え、今、また甦る。と言った形で
締めくくられます。

 

浄土思想は、戦争や争いの無い平和な世界を作ろうという思想です。
平泉の世界遺産登録と共に、つい数ヶ月前におこった東日本大震災の
慰霊にも、繋がる部分もあるのではないでしょうか。

 

いつもいる人がいて、いつもと変わらない毎日がそこにある。
このような毎日こそ、正しく平和ということだと思います。

 

このミュージカルは、何気ない平和が、如何に大切かを、それとなく
感じさせてくれるミュージカルです。

 

また、奥州藤原氏の歴史や平泉の事を、もっと知りたいと思ったときに、
このようなミュージカルや小説等は役立ちます。

 

ちなみに私が平泉の歴史に興味を持ったのは、炎立つと言う小説を読んだことでした。
難しい歴史書等を読まなくても、小説やミュージカル等を見ると、良く理解できます。
更に感動もさせてくれるのでオススメです。


スポンサード・リンク