中尊寺の見所ならここ

スポンサード・リンク

中尊寺の見どころやポイントをご紹介します

中尊寺に特化したカテゴリーページです。
中尊寺の見どころを、下記の個別ページにて
ご紹介しています。

 

・月見坂・弁慶堂・薬師堂と観音堂・本堂
・峯薬師堂(目の絵馬)・白山神社と能舞台
・讃衡蔵・金色堂・おくのほそ道碑
・芭蕉像と宮沢賢治の碑・旧覆堂と経蔵(経堂)
・中尊寺ハス・ゆめやかた

 

 

と言ったような、中尊寺に関する、お役立ち情報ページをまとめたカテゴリーペーです。


中尊寺記事一覧

月見坂

月見坂とは、中尊寺の入り口から奥へと続く参道の事です。中尊寺の参道は有名ですが、案外、月見坂と言う名称をご存じない方も多いようです。月見坂の名物月見坂と言うと大きな杉の木が続くことで有名ですが、月見坂の両側にそびえ立つ巨木は樹齢300〜400年の大杉です。この杉は江戸時代に、平泉を収めていた伊達藩主...

≫続きを読む

弁慶堂

弁慶堂は、月見坂を登って行って、三番目に見えるお堂で、1826年に再建されたとされています。上に向かって登って行くと左側にあります。弁慶像と義経像お堂の中には、武蔵坊弁慶と、源の義経にまつわる像が安置されています。この弁慶堂で、一番目を引くのは弁慶像と義経像です。弁慶像は弁慶堂の中(右側)に、ドンと...

≫続きを読む

薬師堂と観音堂

薬師堂と観音堂は、月御坂を登って行くと、弁慶堂の先の左側に並んでいます。薬師堂薬師堂は元々現在の場所にあったのではなく、1657年に現在地に建立されたとされるお堂です。初めに建立したのは清衡公ですが、薬師堂内には慈覚大師が自ら彫ったとされる薬師如来像が安置されています。平安時代から、東北地方では薬師...

≫続きを読む

本堂(中尊寺)

中尊寺と言うと金色堂って言葉が帰ってくる場合が多いですが、中尊寺で金色堂と同等、もしくはそれ以上に重要な建物と言えば本堂ではないでしょうか。見た目の豪華さこそ、金色堂には及びませんが、本堂の中には天台宗の総本山である比叡山延暦寺から、分火された不滅の法灯が灯っています。また、中尊寺の法要は殆ど本堂で...

≫続きを読む

峯薬師堂(目の絵馬)

峯薬師堂は参道(月見坂)を登って行くと本堂の先(右隣り)にあります。札所を右に見ながら入っていくと峯薬師堂があります。何気なく歩いていても、目の絵馬がいっぱい奉納された板が目を引きますので直ぐに解ります。中にはご本尊である薬師如来座像が祀られています。この薬師如来像は金箔で覆われていてきれいです。お...

≫続きを読む

金色堂

金色堂(こんじきどう)の場所は讃衡蔵(さんこうぞう)の隣ですが、新覆堂の中にあるので外からは見ることは出来ません。外から見えるのは覆堂だけです。その為、金色堂を見るには拝観料を払って見る事になります。隣の讃衡蔵でチケットが買えます。金色堂と讃衡蔵の両方が拝観できます。大人800円です。

≫続きを読む

白山神社と能舞台

白山神社は金色堂の反対側に位置していて赤い鳥居が目印です。赤い鳥居の手前には大きな看板があるのでわかりやすいです。この赤い鳥居をくぐり砂利の参道を進んでいくと、一番最初に見えるのが能舞台(能楽殿)で、その先に白山神社の拝殿があります。

≫続きを読む

讃衡蔵

讃衡蔵(さんこうぞう)は、金色堂(金色堂新覆堂)の手前隣に位置する建物でここで金色堂の拝観券を購入できます。また、讃衡蔵も金色堂の拝観券で一緒に見学できます。讃衡蔵は、中尊寺の中では唯一の資料館です。ここでは奥州藤原氏の遺宝や仏像を初めとして、中尊寺に伝わる国宝や重要文化財などの、正しくお宝が300...

≫続きを読む

おくのほそ道碑・芭蕉像と宮沢賢治の碑

中尊寺の院内には、松尾芭蕉の碑(おくのほそ道碑)や芭蕉像、宮沢賢治の詩碑もあります。芭蕉の句碑

≫続きを読む

旧覆堂と経蔵(経堂)

旧覆堂(きゅうおおいどう)は、現在の新覆堂が出来るまで金色堂を雨や雪、風から守ってきた建物で、現在は重要文化財指定されているお堂です。場所は金色堂(新覆堂)を出て左に進むとあります。(この写真からみると右側になります)旧覆堂の手前には、芭蕉碑(おくのほそ道碑)と芭蕉像がありますが、旧覆堂は500年も...

≫続きを読む

中尊寺ハス

中尊寺ハス(中尊寺蓮)は別名を、泰衡蓮とも言う古代のハスです。何故中尊寺ハスとか泰衡蓮と言うかといえば、この古代蓮は800年もの時を経て蘇ったからです。その為中尊寺蓮は奇跡のハスとか奇跡の花とも称されます。中尊寺蓮が現代に蘇らせたのは故・大賀一郎博士です。大賀博士が昭和25年の金色堂の調査において、...

≫続きを読む

ゆめやかた

ゆめやかたは、正しくは夢館奥州藤原歴史館と言いまして、奥州藤原氏の歴史について、理解を深めることが出来る資料展示施設です。ゆめやかたには、平安時代にあった太鼓橋様式の赤い橋(ゆみめばし)もあり当時の雰囲気を味わうことが出来ます。中尊寺境内とは異なりますが、中尊寺まで行ったついでに立ち寄ってみたら如何...

≫続きを読む

スポンサード・リンク