弁慶堂をご紹介します

スポンサード・リンク

弁慶堂

弁慶堂は、月見坂を登って行って、
三番目に見えるお堂で、1826年に
再建されたとされています。

上に向かって登って行くと左側にあります。

弁慶像と義経像

お堂の中には、武蔵坊弁慶と、源の義経にまつわる像が安置されています。
この弁慶堂で、一番目を引くのは弁慶像と義経像です。

弁慶像は弁慶堂の中(右側)に、ドンと言った感じで佇む1m86cmの大きさの木像です。

それに対して義経像は、弁慶像の右側に座った形で安置されています。

 

弁慶像や義経の武者像を見ているとそれとなく、言い伝えられている二人の雰囲気が
像からも、醸し出されている感じがします。

 

やはり義経は、どこか御曹司と言った感じが残り、対して弁慶は荒武者だけどどこか、
人が良さそうな感じがしませんか。

 

でも、この弁慶像は矢が刺さっているので、それ所では無かったのかもしれませんね。


スポンサード・リンク