讃衡蔵ならココ

スポンサード・リンク

讃衡蔵


讃衡蔵(さんこうぞう)は、金色堂(金色堂新覆堂)の手前隣に位置する建物で
ここで金色堂の拝観券を購入できます。
また、讃衡蔵も金色堂の拝観券で一緒に見学できます。

 

讃衡蔵は、中尊寺の中では唯一の資料館です。
ここでは奥州藤原氏の遺宝や仏像を初めとして、中尊寺に伝わる
国宝や重要文化財などの、正しくお宝が3000点余り収容
されています。

 

お宝を保存している資料館らしく、警備もきちんとしていて、写真は一切禁止です。
ちなみに金色堂も完全に撮影禁止です。
思い切って、ほんのちょっとだけでもと、お願いしてみましたがきっぱり断られました。
(当たり前ですよね(^_^;))

 


ですので外観のがらんとした写真しかありません。

 

でも中には、国宝の中尊寺経(文字が金で書かれているんですよ)や
三体の丈六仏(中央に鎮座している阿弥陀如来坐像が中尊寺のご本尊だそうです。)、
奥州藤原氏四代が生前に付けていたと言われる、念珠残欠等の装備品など
見所いっぱいの展示物がありました。

 

やはり平泉に来たら、中尊寺は訪ねてもらいたいし、中尊寺に来たら
最低でも金色堂と本堂と讃衡蔵は見てもらいたいと思います。

スポンサード・リンク