平泉文化遺産センター

スポンサード・リンク

平泉文化遺産センター

 

平泉文化遺産センターは、
奥州藤原氏の歴史に代表される
平泉の歴史や文化を、わかりやすく
紹介している、歴史と文化の
ミュージアム施設です。

 

 

 

 

 

奥州藤原氏の歴史の他、無量光院跡や、旧観自在王院庭園等の
発掘調査で出土した、重要な考古資料を数多く展示しています。

一般的に歴史に関する調査資料の展示は、余り馴染みのない人には
難しいと感じる事も多いと思いますが、平泉文化遺産センターでは
映像やパノラマ写真等を使って説明しています。

初心者向けのガイダンス施設でもありますので、
大人から子供まで幅広く楽しめる施設だと思います。
また、世界遺産登録への流れも紹介していますし、
英語・韓国語・中国語にも対応した音声ガイドを完備しています。

 

個人的に良かったと思ったこと

平泉文化センターには、奥州藤原氏の歴史は勿論、
その前の安倍氏からの歴史も紹介されています。

 

高橋克彦氏の小説「炎立つ」が好きな私にとっては、
安倍氏の資料が展示されていたのは嬉しかったです。

 

平泉と言えば奥州藤原氏と言った感じが強いですが、初代である清衡公の父や母
(父は藤原経清、母は安倍頼時の娘)が、清衡に大きな影響を与えて、その事が
多少なりとも、その後の奥州藤原氏の繁栄に繋がっていると思うからです。
オススメです。


平泉文化遺産センターデーター

住所:平泉町平泉字立花44
пF0191−46−4012

 

入館料:無料
入館時間:午前9時〜午後4時30分
(入館締切り時間)

 

休館日:年末年始他不定期で休館の場合あり。
駐車場:あり、無料

 

アクセス:平泉駅より巡回バス「るんるん」にて約7分
(平泉文化遺産センターバス停下車、すぐです)


スポンサード・リンク