柳之御所遺跡を知りたいならここ!

スポンサード・リンク

柳之御所遺跡とは

柳の御所遺跡(なやぎのごしょいせき)は、
現在では整備され、柳之御所史跡公園と
なっています。

 

 

残念ながら、今回のイコモスからの
勧告では、構成資産からは除外されましたが、
平泉文化を考える上では、大変重要な
価値を持つ、遺跡だと言える
と思います。

 

 

何故なら柳の御所遺跡は、平泉館(ひらいずみのたち)跡だったのではないか
考えられているからです。

 

平泉館は、平安時代末(12世紀)に藤原氏が、政治や行政を行なった所と、
考えられていて、奥州藤原文化の中でも、政治・行政の拠点として重要な遺跡
考えられています。


世界遺産からは、外れた柳之御所遺跡

柳之御所遺跡は、世界遺産登録に関しては
イコモスから除外された遺産です。

 

平泉の浄土思想と言う、コンセプトから
見た時に、直接的な関係性が薄いという
理由で、外された柳之御所遺跡ですが、
元々、世界遺産登録への原動力だったという
経過もあり、今回の世界遺産登録へ向けて、
頑張った関係者を初めとする全ての人々にとって大きなショックでした。

 

 

このように↓岩手日報などの地元の新聞も、度々大きく取り上げました。

 

遺跡の斜め向かいに、柳之御所資料館がありますが、

 

資料館員の人も、遺産から外されたことに対しては、どこと無く寂しそうでした。
然し、今後も追加登録へ向けて、頑張って活動していくようです。
国内では既に重要文化財となっています。


パンフがあれば更に楽しい

 

 

柳の御所遺跡からは、
発掘調査により、堀や池(園地)建物跡、
井戸などが発見された他

 

高級品の陶器や、当時の
鳥帽子等も発掘されたそうです。

 

 

 

 

 

柳之御所遺跡は、現在は柳之御所遺跡公園になっていて
15分から20分位で見て回れます。

 

重要な遺跡の前には説明のボードもあるのですが、資料館で貰えるパンプレットや
リーフレットと一緒に、遺跡の説明書きを見ると更によくわかります。

古の時を感じますよ。


柳之御所史跡公園(柳之御所遺跡)データー

・所在地
柳之御所資料館の斜め向かいにあります。
資料館から徒歩1分です
住所及びアクセスは柳之御所資料館のページを御覧ください。

 

・開園時間:午前9時〜午後5時
(11月〜3月は午後4時30分終了)
・休園日:12月29日〜1月3日


スポンサード・リンク