中尊寺ならここ!

スポンサード・リンク

中尊寺参拝の前に

中尊寺は毛越寺と並び、平泉の世界遺産はモチロンの事、
平泉を代表する寺院であり観光スポットでもあります。

 

参道(月見坂)には樹齢400年と言われる巨大な杉があり、
独特の雰囲気を醸し出しています。

 

駐車場の周りには幾つものお土産屋さんや食堂もありますし、
駐車場(第一駐車場)の上には、夢館と言う奥州藤原歴史館もあります。

 

 

参道入り口(月見坂の登り口)の手前には案内所があります。
ここでは中尊寺の見どころを解説してくれる音声ガイドを貸し出しています。
音声ガイドを借りるには500円かかりますが、初めての方や
詳しく中尊寺の見どころを知りたい方には便利なサービスです

※中尊寺境内の案内図はこちらからダウンロード出来ます→中尊寺公式HP

中尊寺とは

中尊寺はただの寺じゃない

中尊寺と言えば、奥州藤原氏の名前が直ぐに浮かぶ程、
藤原氏と縁が深い寺院ですが、元々は慈覚大師によって開かれた
(850年に開基)寺院です。

 

その為中尊寺は、歴史を伝える寺院&観光スポットとしての一面以外にも
関山と言う山号を持つ、天台宗東北大本山と言う顔も併せもちます。

 

その後、東北を代表する内戦と言われる、前九年・後三年の合戦で
犠牲になった、多くの人達の霊を慰めることを目的に、奥州藤原氏の
初代である清衡が、12世紀の初めに、20年以上の長い歳月を費やし
数多くの堂塔を作りました。

 

藤原氏が中尊寺に託した思いは、極楽浄土を作る事
仏国土を建設しようとするものでしたが、残念ながら
14世紀の火災で、多くの建造物が消失しました。

 

然し、清衡公の思い(思想)は、現在まで受け継がれていて、
その事が浄土思想として、平泉の世界遺産登録につながったと思います。

 


現在中尊寺には、金色堂を初めとして、3000点もの重要文化財が残っており
中には、国宝とされているものも数多く存在します。

 

中尊寺の見所

中尊寺の見所としては、
月御坂、弁慶堂、薬師堂、本堂、峯薬師堂(目の絵馬)、白山神社(能舞台)、讃衡蔵、
金色堂(金色堂新覆堂)、旧覆堂
等ですが、これ以外にも、芭蕉句碑や宮沢賢治の碑、
奥のほそ道碑、古代のハスである中尊寺ハスの池、夢館(奥州藤原氏資料館)
等も
一緒にご覧になると良いと思います。

 

これらの中尊寺の見所は,、写真画像と共に、詳細や実際に見た感想等を
中尊寺カテゴリー内に、個別ページを設けてご紹介していますので、どうぞ御覧ください。
                 ↓
           ※中尊寺カテゴリーページ

中尊寺のデーター&お役立ち情報

中尊寺データー
住所:平泉町平泉衣関202
пF0191−46−2211
拝観料:800円(高校:500円、中学生:300円、小学生:200円)
駐車場:400円

 

アクセス
平泉駅から徒歩30分、
バス利用の時は巡回バスるんるんで、10分位で中尊寺バス停に着きます。すぐ中尊寺です。
車では、平泉駅から5分、前沢・平泉ICから国道4号線を進み10分程度で着きます。

 

お得お役立ち情報
@中尊寺の向かいにある平泉レストハウスで食事をすると、無料で専用の駐車場に駐車出来るようです。
駐車場から中尊寺までは近いです。他にも先に夢館を見学しても停めて置けると思います。

 

A月見坂に隣接する道路を登って行った、中尊寺ハスの池の隣にも駐車場(500円)があります。
金色堂まで2〜3分位で行けます。
時間の都合で、金色堂や能舞台だけ見れれば良いと言う場合は、良いかも知れません。

 

B中尊寺と毛越寺の両方を車で訪れるときは、後から停めた方の駐車場が割引になります。
チケット(レシート)は捨てずに取っておきましょう。(町営駐車場が対象です)

 

 

 

 

 

 


スポンサード・リンク