常行堂と常行堂跡

スポンサード・リンク

常行堂とは

常行堂(じょうぎょうどう)も昔に消失しましたが、天保17年(1732年)に
当時平泉を所管していた仙台藩5代藩主で、中興の名君との誉れ高い
伊達吉村公により再建されました。

 

阿弥陀如来をご本尊としていますが、奥殿には阿弥陀経および
念仏の守護神と言われ、作物の神様として、古くから
信仰されてきた摩多羅神を祭っています

 

常行堂は、現在でも見ることが(参拝すること)が出来ますが、
摩多羅神を祀っている奥殿だけは、固く閉ざされていて
33年に一度だけ、ご開帳されます。


常行堂跡

常行堂跡は、正式には常行堂・法華堂(ほっけどう)跡と呼ばれます。
これは当初、常行堂跡は現在の常行堂がある場所だと、
考えられていたのですが、後の発掘研究により、現在の常行堂の
ある場合ではなくて、法華堂と同じ場所に合ったことが解りました。

 

その為現在、は常行堂・法華堂跡とされています。
常行堂と法華堂は共に、天台宗の僧侶が修行をする為の場として
使われていたとされ、常行堂と法華堂は渡廊
(わたりろう:屋根の付いた渡り廊下の事)でつながっていたと考えられています。


スポンサード・リンク