嘉祥寺跡(毛越寺)です。

スポンサード・リンク

嘉祥寺跡

嘉祥寺とは

嘉祥寺(かしょうじ)とは基衡(二代)、秀衡(三代)の二人によって作られたお寺で
丈六の薬師如来を、ご本尊様として祀っていたとされています。
毛越寺を代表する伽藍(がらん)の一つだとされています。

 

嘉祥寺跡

当時は毛越寺を代表する寺院とされる嘉祥寺も、
現在は残念ながら焼失してしまい、建物は残っていませんが、
礎石が54個残っています。

由来を知らないと正直ただの石と言った感じですが、
嘉祥寺の由来を知った後に見ると、何となく神々しい石に見える気がします。


スポンサード・リンク