金堂円隆寺跡(毛越寺)のページです。

スポンサード・リンク

金堂円隆寺とは

金堂円隆寺(こんどうえんりゅうじ)は、
毛越寺で一番大きく高位だったとされる寺院です。
雲慶作の薬師如来を、ご本尊として祀っていたとされています。

 

現存当時は、大泉が池(現在の浄土庭園の事)には、橋がかけられていて
その正面に位置していたと言われていて、このような立地条件や規模の大きさから
金堂円隆寺の貴重さが解ります。

毛越寺庭園内には、今でもこのような説明板が設置してあります。
当時は、金堂円隆寺がいかに、大切な寺院だったかがわかります。


金堂円隆寺跡

現在はこのような礎石しか残っていませんが、南大門跡周辺にある復元図を見ると
金堂円隆寺の大規模さや、毛越寺を代表する寺院だという事が解ります。


スポンサード・リンク