義経と藤原氏の関わりとは

スポンサード・リンク

源義経

源義経についてご紹介します

 

義経とは

源義経は幼名を牛若丸と言い、弁慶とともに幼少の頃から名を轟かせていた武将です。
戦の天才と言われていて、平家との合戦でその力を発揮します。
また、悲劇の英雄とも呼ばれるように、兄との確執により追われ、
平泉にかくまってもらいました。

然し最後は、藤原泰衡の裏切りにより、平泉で妻の静御前と共に自害しました。
戦に対する天才的なセンスに比べて、政治的なセンスはあまりなく、それが
兄との確執を産み、結果的に敗れた原因
と言う分析もあります。

 

義経が平泉を頼った訳

義経は生涯の中で、二度にわたって平泉に身を寄せています。
一度目は義経がまだ、幼少の時で牛若丸と呼ばれていた頃です。

 

この経験により、義経は奥州藤原氏三代の秀衡に、父親のような感情を
抱いていたようで、平家討伐後に兄の頼朝(よりとも)と対立し、追われたときに
義経にとって平泉に落ち延びることは、ある意味で故郷に帰る感じがしたのではないでしょうか。
義経にとって平泉は、それほどまでに思い入れの深い地であったと言う事だと思います


秀衡が義経をかくまった理由

平泉(奥州藤原氏)は、二度にわたり義経を
かくまっています。

 

然し、その理由も、一度目と二度目では
大きく異なります。

 

一度目:牛若丸時代

義経の幼少期である牛若丸時代は、平家と源氏が対等していた時代で
平泉は第三勢力として、キャスティングボードを握っていたとも言えます。

 

この時は、僧にされるのを嫌がり、京都の鞍馬山から逃げてきた義経を
秀衡がかくまったと言う事で、その理由としては、政治的に特別な理由はなく
奥州藤原氏と源氏との、古くからの関わり合いがあったためと言うことだと思います。

 

二度目:兄の頼朝(よりとも)との確執

二度目に義経をかくまった時は、一度目の牛若丸時代とは、
その理由も大きく変わってきます。

 

義経が兄の頼朝に追われ平泉を頼ったときは、平泉を取り巻く政治環境は
大きく変化していました。昔は源平との関係から、第三勢力としての立場を
確立していた奥州藤原氏も、この時期は、平氏は源氏に滅ぼされていた為に、
源氏(頼朝)は、藤原氏を倒し、陸奥(みちのく:現在の東北地方)を
手中にしようと狙っていました。

 

このような状況の中で、秀衡が義経をかくまったのは、天才的武将と呼ばれ、
平家を滅ぼした、戦の手腕に期待したからだと言われます。

義経の天才的な戦いにおける手腕と、奥州藤原氏の軍事力が組むことにより、
安易に源頼朝が手を出すことが、出来ないだろうと考えたからだと言われています。
そしてそれは見事に的中して、秀衡の時代は戦なく過ぎました。

 

・義経と泰衡

泰衡は奥州藤原氏四代で、最後の藤原氏となった人物です。
泰衡が代をついでから、義経との関係も、平泉の運命も大きく変わりました。

 

初めに義経をかくまった秀衡(泰衡の父)は、最後まで義経をかくまうことに徹して、
自分が死ぬ時も、それを遺言として泰衡に伝えましたが、泰衡は源頼朝からの
プレッシャーに負けて、義経を討ち果たそうとします。

 

結果的に義経は、自害して果てるのですが、それで助かると思った泰衡の読みは
外れてしまい、その後に頼朝軍により滅ぼされます。

 

これで約800年に渡り続いた奥州藤原氏と平泉の栄華も終わりました。

 

もし、泰衡が義経を裏切らずに父の遺言を聞いて、
義経をかばい続けたらどうなったんでしょう。
個人的には、例え頼朝軍に負けたとしても、現在とは異なった
状況が作られていたのではないかと思います。

 

・義経の最後は義経堂

平泉の高館義経堂で、義経は人生を終えたとされています。

義経と静御前が自害したと言われる現在の高館義経堂


スポンサード・リンク