イコモスとユネスコのページ

スポンサード・リンク

イコモスとユネスコ

イコモスとユネスコの関係についてご紹介します。

 

世界遺産の登録に関しては、
イコモスユネスコが深く関係しますので、
世界遺産にご興味のある方はどうぞ御覧ください。

 

ユネスコ

ユネスコ(国連教育科学文化機構)は、世界遺産の登録に対して、正式に判断を下す最終機関です。
詰り、ユネスコの世界遺産委員会で認めて貰わないと、世界遺産への登録は不可能です。
然し、ユネスコの決定に対して、イコモスが大きな影響力を持っています

 


イコモス

イコモスとは

イコモスは正式名称を、国際記念物遺跡会議と言う、ユネスコの協力機関で、
世界遺産委員会(ユネスコ内の組織)の諮問機関として、世界的に価値の高い
遺跡や、歴史的建造物の保存を目的として、1964年結成された機関です。

 

イコモスは非政府国際機関ですが、世界建築や考古学遺産などの専門家で構成された組織です。

 

イコモスの役割

イコモスの役割としては、各国政府(世界遺産条約締約国)から推薦された
遺産に対して、調査に基づいて、専門家の観点から評価を下して
世界遺産委員会に報告をすることです。

 

このイコモスの報告の事を勧告と言います。

 

イコモスの勧告

イコモスの勧告には幾つかの種類があり、
その種類により世界遺産登録に
大きな影響を与えます。

 

イコモスの勧告は登録、情報照会、
登録延期、不登録の
4段階に分かれています。

 

 

登録

イコモスの登録勧告は事実上の世界遺産登録です。
イコモスの登録勧告が出された後のユネスコの世界遺産委員会で
登録が拒否された事は今迄ありません。

 

情報照会

情報照会とは、世界遺産としての価値は認めるものの、現状では
登録には不十分であるため、追加情報が必要と判断された状態です。
次回以降の審議を勧めますが、指摘された追加資料が揃っている事が必要です。

 

登録延期

登録延期は情報照会より更に厳しい状況を示します。
この段階では、推薦遺産に対しての価値や、コンセプトが認められている割合が少ないとされ、
より綿密な調査や、推薦書の本質的な改訂の必要性を指摘されます。
一般的には、登録延期から登録勧告に進むケースは少なく、難しいとされています

 

不登録

登録に対して完全にNGと判断された状態です。

 

前回の平泉

平泉は前回(2008年)のイコモスの勧告では登録延期を受けました。
その為今回も、難しいのではないかとも言われましたが、見事に登録勧告を勝ち取りました。
詳細は、平泉が世界遺産に登録されるまでの道のりを御覧ください


スポンサード・リンク