東北の世界遺産です。

スポンサード・リンク

東北の世界遺産

東北の世界遺産としては二つしかありません。
今回世界遺産登録された平泉と、1993年に自然遺産として登録された
秋田青森両県にまたがる白神山地です。

 

白神山地も平泉も共に、日本の世界遺産として、
更に東北地方の世界遺産として、大きな特徴と価値観を備えています。

 

東北の世界遺産

平泉は東北初の世界文化遺産です。
また、白神山地も日本の世界自然遺産としては
屋久島と共に、日本で初めて世界遺産に登録されました。

 

勿論東北の世界遺産としても初めての登録です。
世界遺産登録以外にも、東北は勿論、日本を代表する観光資源とも言えます。

 

 

平泉


平泉は黄金文化や浄土思想、当時は都をしのぐと言われた、
奥州藤原氏の残した文化や遺跡が世界的な価値をもちます。
今回の世界遺産登録により東北の平泉から日本の平泉へ、
更に世界の平泉へと価値が認められていくことでしょう。

 

白神山地


白神山地は青森県から秋田県にまたがる広大な山脈です。
世界最大と言われるブナの原生林が広がっています。

 

白神山地は、数千メートル級の標高を誇る山々が集まってできていますが、
単純にキロ数で広さを数えると、何と50キロにも及ぶとされてます。
その中には世界最大規模と称されるブナ原生林が、1万7千ヘクタールに渡って広がっています。

ブナの原生林を初めとした自然環境の保護が認められて、平成5年12月に屋久島と共に
日本で初めての世界自然遺産となりました。
貴重な大自然を満喫できる素敵なスポットです。

スポンサード・リンク