ユネスコさんありがとう

スポンサード・リンク

ユネスコさんありがとう

ユネスコさんありがとう。

 

6月26日深夜、テレビの速報で、平泉が世界遺産に正式に登録された事を
知った時、うれしさとホッとした思いから思わず、こう小さく口走ってしまいました。

 

5月のイコモスの登録勧告がなされた事で、実質的には平泉は
世界遺産に登録された事と同じでしたが、やはり正式に登録されると
更に気持ちは盛り上がります。

写真は岩手日報という地元紙の26日付けの朝刊です。
平泉町では号外まで配られたそうですが、残念ながら入手できませんでした。

ユネスコとは

ユネスコは、正式名称を国連教育科学文化機構と言います。
そして今回の平泉のように、世界遺産に登録するかどうかを、
正式に決定するのは、ユネスコ内に設けられた世界遺産委員会です。

 


パリで開かれたユネスコの第35回世界遺産委員会(開会式)の様子。
(岩手日報に掲載されていた写真をお借りしました)

 

ユネスコに世界遺産として登録してもらうには、
イコモスが登録勧告を出している事が必要です。

 

最終的に正式決定するのはユネスコですが、
イコモスが登録勧告をしていない遺産が登録されることは、ほぼあり得ない
からです。

スポンサード・リンク