前沢牛

スポンサード・リンク

前沢牛

黒毛和牛の最高峰と言われ、飼料には勿論、ストレスを与えない等、
飼育環境にも十分気を配り、育てられた食用牛が、前沢牛です。

 

肉質日本一の実績を誇る陰には、惜しみない愛情を持ち、育て上げる
生産者の情熱と努力があるようです。

 

前沢牛を食べるなら。

正直に言うと、地元に住んでいる身でも、前沢牛を口に出来る機会は少ないです。
然し、初めて平泉や岩手を訪れる方には、チャンスがあったら是非一度
食べてもらいたいと思います。本当に美味しいです。

 

個人的にお勧めは、おがたや、ロレオール等です。
また、牛の博物館に隣接しているレストランでも食べられます。

 

然し、一期一会と言う感じで言うなら、おがたが一番だと思います。
多少高めですが、これぞ、前沢牛って感じです。はずれなしです。

 

肉料理 おがた


農林大臣賞を受賞した実績を誇る牧場(小形牧場)が
直営で運営している前沢牛レストラン
です。
一度お試し下さい。


奥州市

奥州市は、5市町村(水沢市、江刺市、前沢町、胆沢町、衣川村)が
合併して誕生した、岩手県で二番目に人口の多い市です。

 

平泉ほどの知名度はありませんが、追加登録候補である白鳥舘遺跡や、
無量光院をモチーフにした、江刺藤原の郷等もあり、平泉の世界遺産とも
関係が深い都市です。

 

然し、一番有名な物は、やはり前沢牛でしょう。
もし、平泉にこられて、その後に盛岡方面に観光に行かれるなら、
少し時間を取って、江刺藤原の郷によって見られる事をお勧めします。
その前にやはり、前沢牛を前沢区で食べましょう。

スポンサード・リンク